日本都市学会 日本都市学会事務局
〒460-0008 名古屋市中区栄4-12-26 栄CDビル5A
OASIS都市研究所内
TEL 052-252-7741 FAX 052-251-5058
<メール> info@toshigaku.org
<ホームページ> http://www.toshigaku.org/
銀行口座 三菱東京UFJ銀行栄町支店 普通 0126767
         口座名義 日本都市学会 事務局長 杉野尚夫
        (ニホントシガッカイジムキョクチョウスギノヒサオ)
郵便振替口座 00130-0-512255 日本都市学会本部事務局
ホーム 日本都市学会とは 学会ニュース 会則・規則等
年報の編集 既刊の年報 論文投稿 学会賞
今年度の大会 過去の大会 理事会 役員名簿
分散事務局一覧 地域都市学会      事務局日誌


お知らせ

  日本都市学会第63回大会開催

第63回大会は次のように開催します。詳細はこちらをご覧下さい

1 開催概要

日 程 2016年10月28日(金)・29日(土)・30日(日)
開催地 愛知県岡崎市
主 催 日本都市学会、中部都市学会 後援 岡崎市
会 場 岡崎市図書館交流プラザ(りぷら)
     (愛知県岡崎市康生通西4-71)

2 大会テーマ 「地方創生と観光まちづくり」

3 スケジュール

10月28日(金)13:30~ エクスカーション
         18:00~ 理事会
           ※会場:岡崎ニューグランドホテル3F飛龍
10月29日(土)09:00~ 研究発表Ⅰ(会議室103・301・302)
         13:00~ 開会挨拶
         13:10~ 特別講演 岡崎市長
         13:50~ 基調講演
         14:50~ 休憩
         15:00~ パネルディスカッション
         16:45~ 日本都市学会賞授賞式
         17:15~ 日本都市学会総会
         18:30~ 懇親会
            岡崎ニューグランドホテル9階スカイレストラン「パリ」
10月30日(日)09:00~ 研究発表Ⅱ(会議室103・301・302)
         13:30~ 特別セッション「新しい都市学の成立をめざして」

 


2016年度日本都市学会理事会日程のご連絡

第2回理事会 9月18日(日)13:30~ 名古屋都市センター
     → 日程を変更しました。ご注意下さい。
       この日の午前中に、学会賞選考委員会等も開催されます。

第3回理事会 10月28日(金)18:00~ 岡崎ニューグランドホテル 

   時期が近づきましたら、理事等に直接御案内申し上げます。



  第3回国連人間居住会議(ハビタットⅢ)について

 標記の件について、推進協議会より要請がありましたので、関係文書をご覧いただけるようにしました。
  ハビタットは、本学会の元会長磯村英一氏がその開催に非常に力をつくされたものであり、過去のハビタットにおいて、本学会も一定の協力をしてまいりました。
 そういう経過を踏まえて、堂前亮平現会長に推進協議会の発起人に就任いただいております。

第三回国連人間居住会議(ハビタットⅢ)推進協議会設立趣意書

ハビタット3について

国連人間居住会議(ハビタット)の経緯





日本都市学会第62回大会を開催しました。

開催学会 関東都市学会
開催都市 新潟県上越市(ホテルハイマート)
開催時期 2015年(平成27)10月30日~11月1日
大会テーマ 「新幹線を活かした地方都市のまちづくり」 

 日本都市学会第62回大会は、2015年10月30日(金)~11月1日(日)の間、上越市の直江津駅前のホテルハイマートを会場として、「新幹線を活かした地方都市のまちづくり」をテーマに開催されました。
 雨模様の30日午後2時、「1614年高田城築城で造られた城下町高田の伝統的街並みと雁木景観」を視察するエクスカーションで大会がスタートしました。上越市の各部局の担当者等による先導や説明を受けながら、大変意義深いエクスカーションでした。
 翌31日(土)9時から12時20分まで研究発表Ⅰとして、3つの会場で合計23件の発表がありました。
 13時から2階鳳凰の間へ会場を移して、堂前亮平日本都市学会会長、戸所隆日本都市学会前会長、熊田俊郎関東都市学会会長による開会あいさつに続いて、大会テーマ「新幹線を活かした地方都市のまちづくり」によるシンポジウムに移り、最初に村山秀幸上越市長から基調講演があり、続いてパネルディスカッションが開催されました。
 戸所隆高崎経済大学名誉教授・上越市創造行政研究所長による趣旨説明の後、同先生のコーディネートのもと、パネリストの石井晴夫東洋大学教授、櫛引素夫青森大学准教授、谷口守筑波大学教授の3氏からの報告と会場からの質疑を含めて熱心な討議がなされました。
 16時45分から日本都市学会賞(奥井記念賞)、日本都市学会論文賞、日本都市学会特別賞の授賞式が行われ、引き続いて日本都市学会総会が開催されました。
 18時から2階妙高の間で懇親会が開かれ、多くの会員、来賓が出席し、なごやかな時間を過ごしました。
 翌11月1日(日)は、9時から研究発表Ⅱとして前日と同じ会場で27件の発表があり、熱心な討議が行われました。12時45分にはすべての大会スケジュールが終了しました。
 今回の研究発表数は総計50件でした。参加者数は166人で、このうち一般参加者は57人ありました。エクスカーション参加者は33人、懇親会参加者は67人でした。
 残念ながらお天気にはやや恵まれませんでしたが、すべての会場がホテルの2階と3階に集約され、移動の容易なコンパクトな会場配置であり、また、上越市の皆さんはじめ地元の皆さんのおもてなしが肌で感じられるすばらしい大会でした。
 主催の関東都市学会、共催をいただいた上越市、後援をいただいた(公社)上越観光コンベンション協会はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。

 
高田の雁木を視察するエクスカーション参加者

             




日本都市学会年報VOL.48が発行されました 

 『日本都市学会年報VOL.48』を発行し、会員および定期購読者のお手元へ発送しました。発行が大変遅れたことをお詫び申し上げますとともに、年報がお手元へ届かない場合は、年報担当事務局へお問い合わせ下さい。
 また、会員でない方で、年報を購入したい場合も、年報事務局へご連絡いただきますようお願いします。



ホーム 日本都市学会とは 学会ニュース 会則・規則等
年報の編集 既刊の年報 論文投稿 学会賞
今年度の大会 過去の大会 理事会 役員名簿
分散事務局一覧 地域都市学会      事務局日誌